子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

メガネを買う・買い物の楽しみ

f:id:jinkou-kansethu:20200827103220j:image

やっと新しいメガネを買いました。

 

もう、傷だらけ

今まで愛用して来たメガネは細かい傷が沢山付いてしまいました。

ベビチーノと公園や運動場をかけずり回って土埃が付いたのを、落としきれていない状態で拭いていたのかもしれません。ガサツですな…

とうとう傷のせいで見えも悪くなった上にコロナ禍でコンタクトレンズのストックが無くなり、メガネオンリー生活を送って来たので買い換えを決意しました。

 

コンタクトレンズは…

以前作った物がどうも目に合っておらず、手元が見えずらいんです。

すわ、老眼かっ!?

と慌てた物の、メガネは問題なく見えているので違うかな?と思っていました。

今回のメガネの作成で老眼では無い事がハッキリしたので、ちょっと嬉しい。ここを喜ぶあたりが既に中高年になった事を表しているんですけどね。

 

今どきのレンズ

今回は傷に強いだけではなく、花粉が付き難くパソコン等のブルーライトも軽減してくれる物を選びました。

なんと!たったの3,300円の追加でOKです。昔は考えられなかった話に平静を装いつつ、内心は「えー?!そーなん?!そんなに安くて良いのん?!」とギャーギャー騒いでいました。

 

眼鏡屋さん

今回のお買い物は某大手チェーン店利用なのですけど、平日であるにも関わらず、結構お客様も多くて妙に安心です。もっともメガネ・コンタクトレンズは生活必需品だから、来店を控えるのも難しいと言う事もあるかもしれませんけど。

店員さんが全員メガネなのは商品だから…なのでしょうけど、店員さんのコロナ対策の安心材料にもなるのかな?なんて考えてしまいます。当然なのでしょうけど、皆さんメガネ美人。とても良く似合っていて、メガネを選ぶ事が楽しくなります。こう言うのって良いですね。

 

補聴器を購入している

おばあちゃんが店員さんと話をしている声が聞こえます。

20年前に購入したメガネを未だに愛用しているとの事ですが、オシャレの為にメガネを何個も持っているそうです。

「もう少しレンズに色を入れようかしら?」「こう言うメガネは今どきは流行らないの?え?流行ってるの?流行は繰り返すって言うものね」と、楽しそうです。

店員さんも負けじと大声で話しているので、私にまで二人の楽しそうな会話がバッチリ聞こえて来ます。店のあちこちで中高年のお客様と店員さんが和やかに会話しています。

こう言うお買い物風景、コロナ以降あまり見る事が出来なかった光景なので、見ていて和みます。〔ほっこり〕と言う言葉がぴったりな光景です。

早くもっと沢山の場所でこうした光景がみられるようになると良いですね。