子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

オーストラリアへの旅

f:id:jinkou-kansethu:20200725133445j:image

まだまだ先になりそうです。

 

今月の旅行の予定はキャンセル

何度も書きましたけど、今月末から予定していたシンガポール経由のケアンズ旅行はキャンセル。無事に航空券から保険まで、旅行に関する全ての払い戻しが完了しました。

人工股関節の経過が微妙な頃に予約したので、航空券に対して出発出来ない場合を想定した保険に加入もしていました。これは飛行機が飛ばない事になったので、保険自体が無効となった為に払い戻しとなりました。

 

現在のオーストラリア

メルボルンのあるヴィクトリア州で感染が拡大しているとかで、まだまだ厳しい状況にあるようです。

メルボルン都市圏ではマスクの着用・携帯を怠った場合は200ドル(約15,000円)の罰金が課せられるとか… まさかオーストラリアでマスクが義務化される日が来るとは!とビックリです。でもシドニー等ではマスク着用者は少ないようです。

ちなみに7/24時点の感染者数は13,306人。死者は133人です。日本よりマスクの着用者が少ないのに、この数。色々と思う事がありますけど、それはまた今度書きたいと思います。

 

日本郵便の国際郵便は

まだ受け入れ停止中のようです。

ニュージーランドは受け入れ再開なんですけど… やっぱりオーストラリアの方が人工も多い分、コロナの影響が強いって事なんでしょうね。

でもオーストラリア側からの日本への国際郵便は6月末に再開したようです。

 

7/23のオーストラリア政府の発表

国境の制限は来年の1月に段階的に解除する方針のようです。ただし2021年6月30日迄は14日間の隔離措置は義務付けされる見通しだとか。

現時点でのオーストラリアへの短期旅行が可能になるのは2021年7月となる見込みだそうです。

あらら… じゃあ私達母子のシンガポール経由ケアンズ行きは来年の春はまだ無理って事になりますね。

 

旅先を変更する事も検討中

もうここまでの状況になるのなら、旅先を変更する事も考えた方が良い気がしています。

ケアンズグレートバリアリーフをベビチーノに見せたいと願っていますけど、色々と心配なのでシドニーに行く方が良いような気がして来ました。

ベビチーノの父親に会うか否かは別にして、知り合いが元気なのか、常連として通っていたお店が持ちこたえているのか、とても気になっています。

なので来年の冬休みにシンガポール経由でシドニーに行く事を検討したいと思います。ベビチーノはシドニーに飽きたと生意気な発言をしていますが、まだ連れて行っていない場所もありますから…

シンガポールに1泊2日程度ストップオーバーして、シドニーに行く旅を検討したいと今の時点では思っています。