子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

コロナの特別措置で旅行は延期確定

f:id:jinkou-kansethu:20200529222524j:image

喜ぶべきか、キャンセル不可の予約済チケットの特別措置が適応されるとメールが来ました(英文の下にちゃんと日本語訳も書いてあります)。

 

フライトクレジットか払い戻し

どちらかが選べるようです。

ただ払い戻しが〔対象航空券の未使用分が、ご購入時にお選びいただいたお支払い方法で払い戻し〕となっているので、払い戻し不可のチケットの私が払い戻しが選べるのか微妙です。

今回は払い戻しはせずにいようと思っていたので、無駄な問合せはせずにいようと思います。

 

フライトクレジットを選ぶ

私はベビチーノにグレートバリアリーフを何とか見せたいと願い続けて来たので、フライトクレジットを選びます。

来年の小学校卒業後に連れて行けば〔小学校卒業祝い+中学校入学祝い〕を兼ねる事も出来ちゃいますから(ケチ 笑)。

その頃はベビチーノも大人料金になりますが、今の時点では今回の予約よりも安く予約出来ます。

フライトクレジットを選ぶとボーナスクレジットが貰えるので、浮いた金額と合わせて座席指定に使おうと思います。ちなみに子供料金なら、座席指定は無料です。

 

ガッカリしているベビチーノ

旅行が完全にダメだと思っているようで、何度も「行きたかった…」と寂しそうに呟く姿を見ていたので、無事に連れて行く事が(多分)出来そうで嬉しい限りです。

でもコロナ以外にも色々と心配の種が出て来ているので、彼女にはサプライズにしようと思います。来年になって、無事に行けそうなら誕生日のプレゼントとして〔シンガポール航空で行くオーストラリア・ケアンズ。ワクワクアドベンチャーグレートバリアリーフの旅〕の手作りチケットを渡そうと思います。

はい、クイズ番組なんかのプレゼントのパクリですね。もうこうなったら、旅立つ前からとことん楽しんでやろうと思います。

 

パスポートが…

いや、待て、それだとパスポートが切れるんじゃ?!と確認すると… オーストラリアは問題ありませんが、シンガポール入国に残存有効期間が足りませんでした。

オーストラリアは旅行の期間をカバーするならOKですが、シンガポールは〔旅行日数+6ヶ月以上〕の残存有効期間が必要です。

1ヶ月足りないが為にパスポートを取り直さないといけない… 残念ですが、必要経費と割り切るしかないですよね。

 

宿泊先のキャンセル

実は今回の事でこれが1番辛いのですが、ケアンズのホリデイアパートのキャンセルをしないといけません。

某ブッキングサイトで見つけた、いわゆる民泊のような所を予約していました。

観光に便利な立地で手頃なお値段、レビューは高評価の掘り出し物です。レビューの信用度が怪しいとしても、何度かメッセージのやり取りをして人柄が本当に良さそうなので楽しみにしていました。

ギリギリまでキャンセルが出来て現地払いなので、金銭的なダメージは無いものの心が痛みます。

ケアンズって観光が主要産業。今回のコロナで日本の観光地以上にダメージを受けていると思われます。果たしてどれだけの宿泊施設や観光施設やレストラン等がこのコロナ禍を乗り切る事が出来るのでしょうか。なんとか頑張って欲しいと思います。

ちなみに一泊だけ予約しているシンガポールのホテルは今のところ特別措置の対象外です。今の時点では6月30日迄の予約がキャンセル料無料でキャンセル出来るとなっています。私の予想ではシンガポール航空が7月31日迄のフライトをキャンセルしているので、ホテルの特別措置期間も延長になるとは思うのですけど…

無事に旅行に行ける場合は少しでも現地にお金が落とせるよう、それ以前に旅行に行ける余裕が保てるよう、必死に働くしかないと決意しました。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村