子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

一斉休校に向けて

 

この週末にベビチーノと話し合い・準備をする事にします。

 

イレギュラーな事態

いきなり〔一斉休校〕と聞いて、パニックになっていました。

時期的にも状況的にも、数日~1週間程度の学級・学年閉鎖は覚悟していましたけど、まさか1ヶ月以上も休みになるとは思っていませんでした。

短時間の留守番なら出来るけれど、ほぼ丸1日の留守番はありません。そうなる場合は実家にお願いしていました。

 

ラッキーな事に

不幸中の幸いで、ベビチーノは高学年。注意力が微妙な部分はありますけど、1番寒い時期は過ぎるし、何とかなる(かも)と期待は出来るかな?と気を取り直しました。

勉強はサボりたガール的な面がありますけど、基本的にビビりで真面目で無茶はしない(と言うか出来ない 笑)タイプ。

冷静に考えると、仲の良いお友達は子供だけの長時間の留守番に慣れている子が多いので変な事はしないかな?と思います。

 

不安材料…

子供だけで校区外のカラオケ何かに行きたがる等で、一時期問題となっていた子達とはクラスが別れた事であまり仲良くする事は無くなっています。

ただ長期間の休みでフラフラ出歩いて遭遇すると、暇だし何かしない?と言うような事にならないか心配ではありますけど…

不審者も昔と比べて増えています。不審者では無くても、少し前もベビチーノのお友達が高校生と思われる学生に暴力をふるわれたような子供同士での問題も増えています。

この辺に関して、しっかり話し合いをしようと思っています。話し合いをした後は…心配でも子供を信じるしかありません。

 

しかし、まあ

突然の事に慌てる親を非難する声の多い事。状況は分かっていても、理解していても、まさかの長期間なので慌てるなって方が無理なんですよね…

「こんな事で不安になるなんて、普段からの接し方がおかしいんじゃない?うちは普段からしっかり教えているから平気」と、こんな事でもマウントする親もいて、何だかな…と思ってしまいます。

 

普段からのお付き合いは大事

ご近所と仲良くして、子供会に参加しておいて良かったとつくづく思います。

わが家のお向かいのお宅には、ベビチーノも頼る事が出来ます。前に1度だけ、携帯を持っていない時に困る事があった時にお向かいの方に携帯を借りて私に電話して来た事があります。

「何かあれば、いつでも来なさい」と言って下さるご近所さんがいると言うのは本当にありがたいです。普段から近所の高齢な方々との立ち話に参加したり、ゴミ出しのお手伝いをしたりして来て本当に良かったと思います。

 

まだ決定ではない

と言う方も多いですよね。

でもベビチーノの通う小学校は今週から学童が中止になっています。学級閉鎖になっているクラスもあるので、かなりの確率で今回の要請を受けて休校になる可能性があると思っています。

でも、まあ、そう言っても、親が満員電車やバスで通勤しているならどれだけ意味があるのやら…と言う気もします。

私の場合は自転車通勤なので、その点では大丈夫でしょうけど、職場の人数が多いので結局は同じなのでは?と思っています(^^;