子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

緒方貞子さんの訃報

 

元国連難民高等弁務官緒方貞子さんがお亡くなりになりました。

 

享年92歳

とても品のある、知性を感じさせる佇まいが素敵だと思っていました。

何よりも有名な言葉「女性は人生長いんだし、長いスパンで考えればいい」は目から鱗が落ちる思ったでした。

緒方さん自身、フルタイムで働き出したのは40代に入ってからだそうです。意外でした。早くからバリバリ働いて来られたと思っていました。

スイスに単身赴任したのは、なんと63歳の時だそうです。普通の人ならリタイアする年代ですよね… 

 

生まれや育ちが違う

と言っていまえば終わりかもしれませんけど、それでも日本人女性があんなに活躍出来ると知って嬉しく思いました。

 

心から難民の事を想える方

カンボジア難民が帰国出来る事になった時、ペットは帯同出来ないと通達された事があります。

それに対して緒方さんは「自分の食べ物を分け与えている訳だから、ペットではなく家族。家族を連れて行けないなんて!」と激怒され、難民がペット帯同で帰国出来る事になったと言うエピソードが1番好きです。

難民を上から見下ろすのではなく、同じ目線で考える人なんだと思います。単に出世して登り詰めた人ではなく、なるべくして国連難民高等弁務官になった方だと思います。

 

92年間、お疲れ様でした。私達日本人女性に希望を与えて下さって、ありがとうございます。安らかにお眠り下さい。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村