子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

循環器科に行って来ました

f:id:jinkou-kansethu:20191021131450j:image

 

とりあえず異常はありませんでした。

 

通勤途中で見かけていた病院

循環器科・内科の医院に行って来ました。  

年配の医師でしたけど偉そうな感じもなく、説明もしっかりと素人でも分かるように詳しくしてもらえました。過去最高に納得の行く説明、聞きやすい話し口調でした。図や数値を書いた紙にペンで書き込みしながらの説明でした。

今まで通っていた家の近くの内科は先生も微妙、受付の女性は態度が最悪で2度と行かない!と決めた直後なので、今度から内科は今回の所にしようかな?と思います。自転車で行くしかない点が少し厳しいかもしれませんけど。

 

採血キタ━(゚∀゚)━!

採血してもらいました。採血マニアの私がウキウキでやってもらった事は言うまでもありませんよね(変態か…)。この数日のテンション下がりっぱなしの中での大好きな採血!テンション上がりました♪

 

初めての心臓のエコー

超音波で心臓を見せてもらいました。元気に動いてました。自分の心臓が動いている姿を見るのは初めてです。子供がお腹の中にいた頃に子供の心臓の動きを見た事はありましたけど。

動きは正常、心臓壁の厚さも正常、大動脈の太さも問題なし…あれ?胸の圧迫感は気のせい?もしかしてただの筋肉痛?!「今日結果が出ない血液検査の結果を除けば、とりあえず薬の服用とかは必要ないですね」と言われて来ました…

 

軽度の不整脈がある

いつも会社の検診で指摘されると言う話をしたので、血液検査の結果を聞きに行くついでに「1日ずっと心電図を図る機械をつけてみましょうか」となりました。

父方の叔母が同じ検査の結果、数年前に不整脈で手術を受けた事があるのでドキドキします。でも不安は早いうちに解消+解決しておきたいので、逃げずに検査しておこうと思います。信頼出来る医師に巡り逢えたって事は、今がきちんと調べておくチャンスなんだと思う事にします。

 

ちなみに家の近くの内科は

子供が反復性耳下腺炎で行った時、診察もせずに「流行っているからおたふく風邪」と診断しました。子供を少し離れた場所で一目見ただけで診断でした。そんなんで良いんなら、私だって今すぐ医者になれるやんか!💢と思った事を覚えています(勘の良い方ならお分かりかもしれませんね。粘着質のある蠍座なんです、私)。

念のため他の病院(小児科)に連れて行くと反復性耳下腺炎と診断されました。おたふく風邪とは思えない症状だったのと、子供をちゃんと診察した上での小児科の診断の方が正しいと今でも思っています。

ちなみにその内科に通うお子さんも結構多いです。この近辺で小児科は少し遠いので。

最初から今日の内科に通っていたら、医師嫌いはもっと早く治っていたかもしれません。医師選びって、侮れないですね。