子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

デグーの秋冬支度

f:id:jinkou-kansethu:20190908124130j:image

久しぶりの我が家のアイドル、デグーねずっちさんの話です。

 

生粋のかじり屋さん

一生歯が延び続ける動物なので、色々な物をかじりまくります。

木製の小屋をケージに入れていますけど、一心不乱にかじっています。2,3ヶ月でダメになるペースで、毎回かーちゃんはムンクの叫びの表情になってしまいます。

上の写真でも小屋の穴を拡張する仕事ぶりが確認頂けると思います… 朝の5時頃には起床して、懸命にかじっていらっしゃいます。※ウ◯チにはモザイクをかけさせて頂いております。

 

困った事に

何故か今年に入って、小屋の上に設置していたパネルヒーターまでかじり倒すようになっていました。ケージの中で1番柔らかい素材だからか、結構なダメージ具合です。

仕方ないので新しい物を…と思ったのですが、まだ使えると言えば使える状態なので、ケージの外側に括りつける事にします。DIYする訳ですね。いそいそと自転車でホームセンターへGo。いやー、自転車って本当に便利。車よりも気軽にお出かけ出来てしまいます。暑いですけど。

 

 

この子がいてくれて本当に良かった

f:id:jinkou-kansethu:20190908130743j:image

ココナッツハウスからおやつを取り出しておやつタイムを満喫中♪

 

この子がいなかったら、人工股関節置換術が原因で失業した期間を乗り越える事が出来なかったかもしれません。

今だから正直に白状しますけど、昼間に1人で家にいて【うつ】っぽくなった時もありました。

この子をケージから出して遊ばせていると、駆け寄って来たり、私の肩に乗って来たり、そっと前足を私の足に乗せて見上げて来る時があります。そうした仕草や行動にかなり慰められました。

生きる支えはヒトの方のわが子ですけど、昼間は学校でいませんから…

 

エアコンやヒーター必須の生き物

なんですよね… 暑すぎても寒すぎてもダメって言う。冷暖房完備でないと飼えない動物です。アンデス山脈出身の動物なので仕方ないんですけど(ねずっちさん本人はルーマニア生まれのヨーロピアン)。

まだまだ残暑が厳しいですけど、いきなりスコーンと気温が下がる事があるといけないので、もうそろそろ暖かい環境を用意しないといけません。

 

ヒトの方のわが子は

来月に本人がずっと楽しみにしている二泊三日の自然教室があります。無事に参加出来るように、今から健康管理に気を付けてあげようと思います。

かーちゃん抜きで寂しくて泣いちゃうんじゃない?と聞くと、即答で「それだけは無い!」とキッパリ。頼もしいやら、少し寂しいやら…ちとしんみりしてしまうのは、暦の上ではもう秋だから?

しかし早いですね。もう今年も後半突入してますよね… まー、色々とインパクトのある、心に残る年なのは間違いありません。

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村