子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

海外旅行保険の話 : 請求編

f:id:jinkou-kansethu:20190821155240j:image

1番書きたくなかった話です(;´д`)

請求手続が終わって、振り返る余裕が出たので恥を忍んで大公開!(投げやりっぽい 笑)

 

紛失か盗難か不明

なのですが…シンガポールで宿泊したホテル貸出のスマートフォンが無くなったんです。恐らく盗難だとは思います(TдT)

宿泊したホテルは無料の備え付けのスマホがあって、持ち出しも自由だったんです。これがあるので、Wi-Fiのレンタルもせずにお気楽に出発しました。あーあー、もう、何考えてんだ?!ってお思いですよね。自分でも出発前の自分に飛び蹴りしたいくらいです(涙)

 

アドベンチャーコーブウォーターパーク内で

ロッカーを使った時に起こりました。

ロッカーの使い方が良く分かっていなかったので、荷物をロッカーからロッカーに移さないといけませんでした。その時しか考えられないんですが、ホテル貸出のスマホが無くなったと言うか、盗られました。

ロッカーを移した時、帰る時とそれぞれ忘れ物がないか確認したのでバッグの中に入っている物とばかり思っていたのに入っていませんでした…

後から思い出すと、最初のロッカーに入れた時にスマホはバッグから出してロッカー内に置いたはず。本当に数秒程度、私が後ろを向いた隙に近くにいた人に盗まれたと考えるのが妥当じゃないかと思います。シンガポールの東南アジアらしからぬ雰囲気に油断してしまいました。

振り返る余裕が出た今となっては、本当に盗難なら感心してしまいます。あんな短い時間で盗るなら、絶対プロやろー、すげーな!なんて。

 

結局ウォーターパークの後

予定をキャンセルしてホテルに戻りました。ホテル側はペナルティのS$500だけ支払ってくれれば盗難届は不要との事でした。

保険会社に連絡するのにSkypeを使いたかったのですが、私のスマホが何故かホテルのWi-Fiに接続出来ないため、フロントで設定してもらったのですけど… スマホの文字を英語に切り替える事がどうしても出来ず、私が画面の日本語を英語に訳して設定してもらいました。なんつー罰ゲーム的な…錆び付いた英語脳をフル稼働して頑張ったのですが、フロントの女性がふと隣のスタッフに声をかけると、その人は日本語は話せないのに、日本語表記のスマホの操作は出来ると言う神がかり的な才能の持ち主で、難なくサクサクと設定してくれました。

 

保険会社への連絡

結局Wi-Fiが利用出来てもSkypeが利用出来ず、客室の電話から連絡をしました。ちなみに電話料金はS$4弱です。ローカルコール扱いみたいでした。

※こちらから連絡するとすぐに連絡先を聞いてもらって、折り返し対応となります。

 

警察に行く必要なし

保険会社によると、今回は被害届は必要ないとの事で助かりました… 当日はシンガポールの連休真っ只中、警察は連休は関係無くても普段より対応が遅い可能性はあると思ってゲンナリ+どんよりしていたので助かりました。

 

この事件のせいで
f:id:jinkou-kansethu:20190821161823j:image

それでなくても滞在が短くなっていたシンガポールで3時間強もロスしてしまって、ランチも食べずじまいでした。そう、この事件?のせいでランチが食べられず中途半端な時間だった為に先日書いたナイトサファリ前のマリーナベイサンズでお茶をする流れとなったんです。

行きたかった12歳以下の子供と保護者しか入れない、シンガポール植物園の公園に行けませんでした(涙) 同植物園内の評判の良いカフェでご飯も食べる予定だったのに…

 

幸か不幸か

f:id:jinkou-kansethu:20190821162215j:image

人工股関節の事があるからと、海外旅行保険に加入していたおかげで個人賠償の請求が可能でした。

自分の持ち物=携行品じゃないから請求対象にはならないですよね?と聞いてみたところ、ホテルの備品なので個人賠償の請求対象にはなるので請求はしてみて下さいとの事でした。

実際に保険でカバーされるかは請求してみないと分かりませんけど、とりあえず請求は出来ると知る事が出来ただけで気持ちが楽になりました。それを聞くまでは自責の念でどんよりしてましたから。

 

教訓 : 海外旅行は絶対に保険に加入すべし

 

正にこれです。日本語でアシストしてもらえると言う点でも本当に助かります。シングリッシュの警察とやり取りする事を考えたら…どれだけ効率悪かった事か。その日の夕方からのナイトサファリは姉と子供の二人で行ってもらうしかないって事になったと思います。

 

あー、辛かった。色んな意味でキツい経験でした。まさかスマホ画面を翻訳する羽目になるなんて… Wi-Fiに繋がってないから、スマホで単語を調べる事も出来ないですから。ものすごく頭を使って、一気に疲れました。帰国した後に知ったんですけど、Wi-Fi不要の翻訳機器がレンタル出来るみたいですね… シングリッシュもバッチリなら、次はレンタルして行こうと思います(楽しめない上に時間も足りない旅だったので、リベンジを考えています)。

 

 

おまけのシンガポールの無料Wi-Fi事情

街中や駅等で無料Wi-Fiが飛んでるので、数日の観光程度ならWi-Fiレンタル無しでも大丈夫と言う情報があったのですけど… Wi-Fiレンタルはした方が良いと感じました。確かに無料Wi-Fiは日本よりは飛んでると思います。でもなかなか接続出来ない事も多かったです。

過去に行っていたシドニーは土地勘等があるので、海外と言えどもWi-Fiの必然性をそこまで感じていませんでした。でも全く知らない土地の場合はストレスフリーのWi-Fi環境は必要だと実感しました。今度からは大人しくレンタルして行こうと思います。

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村