子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

手術の傷痕はどうする?

f:id:jinkou-kansethu:20190801085553j:image

やっぱり手術を受ける以上は傷痕が出来ますよね。

 

消す派?消さない派?

どっち?と聞かれたら、私は消さない派です。と言うより気にしない派(笑) 元気になれたのなら、傷くらいどうって事ないやね、と考える人間です。

前にも書いたと思うのですけど、私の右腿には傷痕が2つあります。赤ちゃんの時の先天性股関節脱臼での骨切り術の物と、今回の人工股関節置換術で出来た物の2つです。

気に入ってます

この2つの傷痕は二人の整形外科の先生が私が歩けるようにして下さった物。そう考えると、めっちゃクールやん?!とすら思います。

しかも二種類の傷で手術後の縫う技術が向上した事も分かるって言う。自分の体で見る医療技術向上の歴史(笑) 最初の傷はアニメで描かれそうな"ザ・傷痕"って感じです。大きくてギザギザで、いかにも手縫いって感じの暖かみがある感じ。

それに比べたら、今回の傷はオシャレにすら見えます(笑)。縫うのではなくて、ボンドを使っているので、縦にスッキリとした傷です。最近は傷痕の赤みが少し取れて来て、傷の真ん中辺りが更に目立たなくなって来ました。個人的には今の赤みのあるままの状態が好きなんですけど。

 

私が赤ちゃんだった頃

つまり今から46年前(!)「大きくなって傷痕を気にするようになったら、形成外科で手術痕を消せば良いですよ」と、医師から言われたらしいです。なので母は私が年頃(死語?笑)になったら、また手術が必要になると思っていたらしいです。

でも、全然気にならないんですよね。場所的に体育の時や泳ぎに行くような時しか傷が人目につく事もないですし。あ、昔はブルマーって言って、太腿が丸見えな物を履いて体育の授業を受けたんですよ…と、念のため説明しておきます。ブルマーを知らない人がいるかもしれないので。

 

今回は消してみようかな?

正直なところ、最初はそう思っていました。病院内のセブンイレブンにも傷痕を消せる商品が置いてあったし。気にしてるって言うよりは本当に消えるん?って言う、好奇心での考えでした。


 

でも手術の説明の時、先生に「今から誰かにお見せする訳でもないし、傷は何個あっても良いので脱臼しにくい方法でして下さい」って言ったんですよね。それを思い出したので、実験はしていません。そうこうしているうちに、傷を見ていると「カッコいいやん?」と思うようになりました。傷痕も私の人生の一部って言うか。

まあ、半分だけ消してみる?なんて、バカバカしい事を考えないでもないですけど(笑) でもそんな事をしたら、せっかくの傷が台無しなのでやっぱり止めておきます。

出来たら今の赤みのある状態が気に入ってるので、この色をキープしたいなんて思います。タトゥーで補正しちゃう?なんて考えたりして。

 

これが人目につく部位だったら

消すかな?と考えてみても、やっぱり消さないと思います。だって恥ずかしい物じゃないですから。まあ、もし鼻の真下とかなら恥ずかしく感じて消したいと思うかもしれませんけど…一応女の子だし(笑)

無いに越したことはないですけど、もし万が一、子供にそうした傷が出来る事があれば傷痕を消す商品を試してみたいと思います。うちの子は傷痕を気にするタイプだと思うので。


 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村