子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

シンママで人工股関節でも海外旅行

f:id:jinkou-kansethu:20190630092230j:image

は?何で突然シンガポール?って感じですよね。

あまりにも痛みが続いた上に、仕事も辞める事になって辛すぎ…

と言う事で(?)、鼻先の人参よろしく"頑張る為の動機付け"の為に旅に出よう!と決めました。

あ、いや、もっと単純に保険が降りたって言う事もあります。

想定外の状況が続いたせいか更年期なのか、イライラが酷くて子供に可哀想な思いをさせているので、夏休みに一緒に楽しく過ごしたい!と言う下心もあります。罪滅ぼしですね。

子供も楽しめる場所、海が大好きな子供が喜ぶ場所と言う事でオーストラリアのケアンズグレートバリアリーフに行こう!と思ったのですけど…最終的にシンガポールになりました。

初めて知ったのですけど、シンガポールって子供にとってこれ以上ないくらいに楽しめる国なんですね。有名なチャンギ空港も新たな建物を増やして、ポケモンセンターまで入っているそうです。こりゃ、ポケモン好きな子供は喜びますな。うちの子は最近ポケモンポケモン!とうるさいので、シンガポール限定品でも買って上げたいと思います。

仕事を辞めて暇なので、ブログの構想を練りつつ、早速シンガポールの事もあれこれ調べました。

タクシーも安く使えるし、そもそも国土も狭い国なので、人工股関節であまり長時間歩けなくても大丈夫そう…と言う事もあって決めました。

別に海外じゃなくても良いんじゃない?

国内旅行でも良いんじゃない?と思われるかもしれませんね。

海外に行きたい理由は外国の空港の保安検査(金属探知機)を体験したい!と言う事。

実はうちの子はハーフなんです。なので先々もうひとつの母国と言えない事もない(日本生まれの日本育ちなんです)、父親の国に行くかも?と思い退院前に先生と話しをした事があります。

人工股関節にした証明書ってもらえるんですか?

と言う事です。別に口頭で(英語で)説明すれば良い事なんですけど、入院中に眠れない日々を過ごした中で見つけた事の1つに"海外の空港での保安検査(金属探知機)の為に証明書を出してくれる病院が多い"と言う物があったんです。

無料なのか、診断書のように有料なのかは分からないですけど、存在はしているらしい…と言う事で聞いてみました。

私が手術を受けた九州中央病院では出して無いそうです。ケチ…あ、いえ、ちゃんとした理由がありました。

先生曰く「あれはアメリカの同時多発テロの後に検査が厳しかった時に言われるようになったんよね。今はそこまで厳しくないから、無くて大丈夫」との事です。

うぬ~。先生、口頭で言えば良いってあっさり言うけど、人工股関節って英語でartificial hip prosthesisですよ?日本人が苦手なRの発音なんですけど…と突っ込みを入れたかったのですが、artificial hip jointとも言うよな…と思い出して止めました。

I have an artificial hip joint.(アイ ハブ アン アーティフィシャル ヒップ ジョイント) これで行けるかどうか試したい!と思っています。

人工股関節置換術後4ヶ月半で海外旅行

無謀かな?とも思うのですけど、せっかく手術を受けたんだし!とも思います。もう使って使って使い倒して元を取ってやると(笑)

ダメになるなら再置き換えすれば良いし。再置き換え出来ないなら磨耗しないよう・弛まないよう大事に使いますけど、出来ますから。問題は再置き換えする頃は私が絶大な信頼を寄せる濱田先生が手術を止めるかリタイアされているかもしれないと言う事くらいだと思っています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村