子育てと人工股関節の体験談

40代で人工股関節になったシンママのブログ

コロナで再燃した親権争い・鎖国的な対応の追記あり

f:id:jinkou-kansethu:20200320232655j:image

 

先日勃発した〔日本は信用出来ないから、子供は俺が引き取る〕問題、アッサリ解決しました。

 

なんせオーストラリアがほぼ鎖国

しちゃいましたから。

ベビチーノは日豪ハーフとは言え、日本生まれの日本育ち。オーストラリアから見れば完璧な外国人です(オーストラリア国籍は持っていません)。

 

今回の鎖国的な内容の追記

外国人は永住権を持っている人とその近親者を除いて入国禁止です。

となると所謂ビジネスビザ、留学生等は対象外ですよね。オーストラリアの影の労働力であるワーキングホリデーの人も対象な訳なので、季節労働者が必要な一次産業に影響が出る可能性はあります。現地の季節労働者の大半はバックパッカーですから。

 

ちなみにオーストラリア渡航やビザの問合せ窓口は下記の通りです。日本語対応もちゃんとあります(対応時間も日本に合わせてる!)。さすが移民大国だと唸ってしまいます。

 

グローバルサービスセンター

電話 番号:+61 2 6196 0196

営業時間:平日のみ9:00-17:00(日本時間)

※6番を選べば通訳が付きます

 

オーストラリアでトランジット

旅行者で他国へのトランジットの場合、空港に留まるか空港外でもホテルで自己隔離をするのであれば、トランジットでオーストラリアを利用する事は可能との事です。

ホテルで自己隔離をする場合は移動に対してのルールがあるようで、以下の通りです。

  • 可能な限り医療用マスク着用
  • ドライバー、スタッフとの接触を避ける
  • むろん他の乗客と接触してはならない
  • 咳エチケットの徹底
  • 石鹸を使用してこまめに手を洗う
  • 体調が悪い場合は他人と1.5M以上距離をとる

…と、これは公共の乗り物を使用する場合の話です。基本的に公共の交通基幹は避ける事が望ましいとなっています。

 

カンタス航空の詳細

全てのオーストラリア発の便が5月末まで停止です。それも〔5/31までの見込みですが、延長される可能性がある〕とされています。

ちなみにカンタス航空のチケットを持っている場合は条件付きながら救済措置があるようです。

  • 2020.5.31迄のフライトが対象
  • 2020.3.31までにキャンセルする事
  • 航空券代をフライトクレジットとして受け取り

※フライトクレジットは2020.9.30か航空券の最初の発見日から12ヶ月後のどちらか遅い方まで有効

※今回のフライトクレジットでの予約には変更手数料は免除

 

この状況なので

オーストラリアでは外国人扱いとなるベビチーノをオーストラリアに呼び寄せる事は出来ません。

「オーストラリア人の血を引いているから、この子はオーストラリア人!」と常々主張していますけど、国籍を持っていない訳なので、無理な物は無理とキッパリ対応出来ます。

フフン、今まで約3年間も音信不通で突然そんな事を言ってもダメだって事よ。自分の過去の行いを反省するこったな!と言えます。

ベビチーノ本人も私とずっと一緒にいる事を望んでくれているので、この鎖国的な状況が終わっても、戦って行こうと思います。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

オーストラリアが事実上の鎖国

f:id:jinkou-kansethu:20200320231027j:image

 

20日の夜から自国民を除く全ての外国人の入国禁止になりました。

 

正確には在留資格を持つ人も国民と同じ扱いのようですけど。

 

カンタス航空が全ての国際線を運休するんだそうです。徹底的ですね(当たり前か…)。

 

外出禁止等の国内の生活はされていないそうです。あくまで〔ウイルスは海外から持ち込まれている〕と言う考えですね。

 

問題はオーストラリア国内で既に蔓延しているウイルスが複数あると言われるコロナウイルスのどのタイプなのか?が問題になって来るのかな…と思ったりしています。

 

この事実上の鎖国はいつまで続くのでしょうか… もう少し調べてみたいと思います。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コロナ疲れの今、外飯の勧め

f:id:jinkou-kansethu:20200319202056j:image

 

今日のランチは外で気持ち良く楽しめました。

 

気候が良いこの頃

福岡は今週の半ばから気温が高めの暖かな日が続いています。

職場の休憩室は広くはないですけど、狭くもないって感じです。大抵の人は休憩室でランチを取っています。

が。

天気が良いのに…と言う事で、今日は近所の公園でランチを取りました。 

沢山の人達が、思い思いに過ごしていました。大胆に寝そべっている人までいました。

皆さん、表情が穏やか・楽しそうです。外でご飯を食べるって良いな…と改めて思いました。

 

これから暖かくなる

季節なので、たまには仕事の合間に外でランチを楽しむのも良いと思います。

難しく考えず、コンビニ等で食べ物を調達で良いと思います。今日の私は持参した物+コンビニの春雨サラダでした。

年度末の繁忙期で忙しいのですけど、午後はスッキリした気持ちで仕事に戻れました。

ぜひ、これからの季節に試してみて欲しいと思います。気持ち良いですよ♪

日本もようやく自宅待機を要請

f:id:jinkou-kansethu:20200318191455j:image

 

21日から4月末まで、欧州始め38ヵ国からの渡航者・帰国者の自宅(宿泊先)待機14日間の要請を発表しましたね。

 

全世界を対象に

感染症危険情報のレベル1である〔渡航に十分注意〕を出すと表明したようです(レベルは4段階のレベル1)。

ヨーロッパからの帰国者に感染者が多い事を考えたら、致し方無いって事でしょうか。

海外赴任、長期出張、留学からの帰国はともかく、今月に入ってからの単なる旅行者である感染者は叩かれていますよね…

もう全世界で国を跨いでの移動が厳しい状況です。航空会社を始め、打撃を受ける企業も多いのではないでしょうか。

 

発給したビザの停止

ヨーロッパ、エジプト、イランに対して発給済のビザを停止するとも発表しています。

出入国管理・難民認定法に基づいて入国拒否とする国や地域にスペイン・イタリア・スイスの一部の州とアイスランドを追加するのだそうです。

こちらは19日以降から開始で、それぞれの国や地域に14日間以内に滞在歴のある外国人が対象との事。

 

期間が短くないか?

と思わないでもありません。

この辺にもオリンピックが影響してる?と思わないでもない… 忙しくてバタバタしているので、後でもう少し詳しく情報を追ってみたいと思います。

 

今後の経済はどうなる?

リーマンショック越えの不況になる可能性もあると聞きますが「可能性じゃなくて越えるでしょ?」と思っています。

リーマンショック当時でも聞かなかったような雇用止めや収入減の話を沢山聞きますから。

戦時下でも無いのにこんなに渡航や入国に制限がかかるなんて、今だかつてなかった事ですよね。

国どころか、世界中で団結して乗り越える必要がある非常事態だと思ってしまいます。

一瞬だけの震度3

f:id:jinkou-kansethu:20200316204839j:image

本当に一瞬と言う位の短い時間で揺れました。

震度3だそうです。

ベビチーノと「え?揺れた?」「バスとかじゃなくて?」と大騒ぎです。

わが家はバス通りに面していて、時々バスが通る事で少し揺れを感じる事があります。なので、バス?地震?気のせい?!と二人で大騒ぎしました。

 

死ぬほど地震が苦手な私はベビチーノと騒いでいるふりをして、ベビチーノの抱き付いていました(^^;

この後で大きめの地震が来ない事を心から願います。コロナよりも地震の方が怖いんです…

ローソンと鬼滅の刃のコラボのおかげで、今のわが家にはペットボトルのお茶は2人なら1ヶ月分はあります(6千円分のペットボトルか缶ドリンクでバッグがもらえるキャンペーン)。石油ストーブも灯油を買い足したばかりです。学校の休校もあって、食料もそこそこ在庫があります。

でも、それでも、地震は勘弁して下さい… 後数十秒長く揺れていたら泣いていたかもしれません(^^;

福岡は警固断層の揺れ残りがあると言われているので、一応常に警戒はしています。問題は私が落ち着いていられるか?です…

全ての国・地域の渡航制限。外務省のサービスを使い倒す

f:id:jinkou-kansethu:20200316095613j:image

 

発表が分かる度に書いていたら、このブログは〔日刊コロナ新聞〕みたいな事になるな… でもお伝えしたいな…と考えていました。

 

そーだ、こういう時こそ外務省だ!

と言う事で外務省のHPをチェックしました。

当然ですけど、国毎の入国制限の細かい内容もきちんと書いてあります。

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

 

なかなか厳しい国もあります

ビザの申請時に医療証明書が必要だったり、現地で14日間の自宅待機が可能な事を証明出来れば入国が出来るとしている国もあります。

国境を封鎖した国もありますね。今回ドイツも国境を封鎖するのだとか。もっともドイツは物流や国境を越えて通勤する人は対象外との事。さすが大陸は違いますね。通勤で日常的に国境を越える人達がいるんですね…

 

リアルタイムの情報を得る為に

外務省の〔たびレジ〕を利用するのも良いと思います。特に海外に行く機会の多い方、家族や友人が海外在住していると言う方は登録しておく事をお勧めします。

 

 

www.ezairyu.mofa.go.jp

 

ついでにご紹介なのですけど、海外に3ヶ月以上滞在する方に義務付けられている在留届もオンラインで申請が出来ます。

いつからオンライン申請出来るようになったのでしょうか。私はシドニー在住時にシドニー日本国総領事館まで行っていました。引っ越しする度に行っていたのですけど、もしかしてオンライン申請があったのに知らなかっただけだったのかも… だとすると少し切ないです。

www.ezairyu.mofa.go.jp

 

他にも複数の言語で旭日旗を説明した資料を入手する事が出来たり

www.mofa.go.jp

 

ハーグ条約の事や海外在住者へのDV支援団体を紹介していたり

www.mofa.go.jp

こんな感じで様々な情報が提供されています。

各国にある日本大使館総領事館にDVの相談する事で、相談記録を作ってもらえると言う情報はぜひ知っていて欲しいです。証拠を作るってとても大事ですから。

日本人女性はDV被害に遭っていても、相談できる場所が分からず1人で苦しんでいる事も多いので、ぜひ活用して欲しいと思います。

外務省のHPで紹介されているDV支援団体は日本語で相談が可能です。

単なる相談だけではなく、下記のような支援を受けられます。

  • カウンセリング
  • 電話相談
  • DV関連の法律・裁判制度の情報提供

大使館・総領事館に出向かなくても、電話で相談が出来ます。

 

案外使える・役に立つ

国の機関なんて縁が無い・大してお世話になる事は無い…と思うかもしれませんね。

でも外国に関わる人ならテロや災害と言った特殊な状況ではなくても、外務省は案外身近な存在の機関だと思います。

在外邦人の方のエッセイ等で態度がぞんざいで偉そうと読んだ事がありますが、私が住んでいた頃のシドニー日本国総領事館のスタッフは特別に感じが良い訳ではないですけど、無愛想だったり横柄な態度を取る人はいませんでした。

何にしてもこれからのコロナウイルスに関する各国の対応の最新情報の確認なら、ニュースではなく外務省のHPがお勧めです。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

シンガポールは日本からの入国者外出禁止

f:id:jinkou-kansethu:20200316001959j:image

 

シンガポールは厳しい内容を打ち出して来ました。

 

事実上の鎖国

日本・ASEAN加盟国・イギリス・スイスに14日以内に滞在した入国者に、入国後の14日間の一切の外出を禁止する自宅待機命令を出しました。

オーストラリアと同じく16日の深夜からの開始だそうです。

〔明るい北朝鮮〕の異名を持つ、罰金大国らしく、違反した場合の罰則も明確に打ち出しています。違反した場合は…

このどちらか・もしくは両方とも科される可能性があるのだそうです。

この措置に対して〔ほぼ事実上の鎖国〕と言う声も出ているそうで、国際金融等で発展して来たシンガポールにはかなりの痛手では無いか?と言う論調の意見が多いです。

 

正直な感想としては

思ったより遅い決定だな…と思います。

個人的にはオーストラリアやニュージーランドよりも早く打ち出して来ると思っていました。

私はシンガポール航空シンガポール経由でケアンズに行く予定でした。日本からの入国にこの対応なら、通常はキャンセルしても返金が無いチケットでも特例になるのかな?と思ったりしています。

今は決定後すぐで航空会社も協議中かもしれないので、少し時間が経ってから問合せしてみようと思います。

 

今年のオリンピック開催

かなり厳しくなりますね。

オーストラリアもシンガポールも自国民に30日間の不要・普及の海外渡航を自粛するように求めているので、今すぐ開催するか否かを決められないのなら、この30日後の状況で見極めて決定するしかないのでは?と思ったりします。

こんな状況で予定通りにオリンピック開催すれば、世界中の人々に日本でオリンピックの開催を決めた事を後悔させるだけだと思うのですけど…

開催したい意向も分からないではないですけど、今後の日本の国際舞台での評価はかなり下がる事は間違いないですよね。

 

世界はどうなって行くのか…

アフリカからの膨大な数のイナゴの移動や、アフリカ豚コレラの蔓延と不安材料がてんこ盛りです。

今回の各国の措置等からも経済的なダメージもかなりの物になる事は間違い無いですよね。

何か明るいニュースは無いの?と、ため息が出てしまいます。細やかな楽しみと、食料確保の為に今年の春夏はミニ菜園でも始めてみようか?なんて思ってしまいます。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村